妊娠線はいつからできるか

妊娠線が出始めるのも個人差がありますが、だいたい5ヶ月から7ヶ月頃の、お腹が大きくなってくる頃から出始めます。人によってはほとんどできない人もいますし、数十本もできる人もいます。

ホルモンバランスの変化が原因となり肌が乾燥するため、出来やすくなる事が分かっています。乾燥が原因なら、肌の保湿を重視すれば、乾燥を防げるので妊娠線ができても目立ちにくくなります。

妊娠線を防ぐために保湿クリームやローションを塗るのも効果的です。ただしできてから慌ててケアするよりも、妊娠したらすぐ保湿ケアを始めておく方が安心です。常に保湿が出来ていれば、コルチコステロイドの分泌が増えても、肌の乾燥を防げるから、妊娠線も目立ちにくくなります。

妊娠線予防のための専用クリームもありますし、専用のクリームなら妊娠中でも安心して使えるよう成分にもこだわっているから安心して続けられます。クリームを塗る時はマッサージにもなるので、リラックス気分を高めるなどメリットもあります。また、妊娠線の治療を行っている美容クリニックなどでは自宅でのケア方法をアドバイスしていることもあります。専門知識を持つ人に相談をしてみるのもいいかもしれません。

妊娠線予防のために、サポート下着を着用するのもおすすめです。無理に締め付けるのはおすすめできませんが、マタニティ用ガードルを使ってお腹を支える事で、皮膚が急激に伸びるのを防ぐ効果が期待できます。腹帯は冷えから守る事ができるので、下着をうまく活用しましょう。

妊娠線はいつからできるか