妊娠線とは?

妊娠するとお腹が大きくなるにつれて「妊娠線」が目立ってきます。個人差もありますが、お腹が大きくなると、皮膚の表面はある程度伸びていけるのですが、皮膚の奥にある真皮や皮下組織は急激な変化に対応できません。この事から、亀裂が生じ妊娠線が目立つようになるのです。線状斑とも言います。

妊娠線はお腹だけでなく、太ももやお尻、乳房、など数箇所に出ます。これも個人差ですが真皮や皮下組織に亀裂が生じ、その時に赤紫色になるので、最初は赤紫色をしています。しかし時間が経つにつれて炎症は収まるので、赤みは消え白っぽい線になっていきます。

妊娠してお腹が大きくなっても、ほとんど妊娠線ができない人もいますし、体中に出てしまう人もいます。出産してお腹が小さくなり、体もサイズも元に戻るに連れて妊娠線は目立たなくなっていきますが、完全に消すのが難しいと言われています。

これは妊娠中のホルモンバランスの変化も関係しています。妊娠中はコルチコステロイドというホルモンが増えるので、肌が乾燥しやすい状態です。乾燥すると肌の弾力やハリは低下しますが、お腹や体は大きくなっていくので、亀裂が起こりやすくなるのです。妊娠中は肌が乾燥しやすくなりますが、これはホルモンバランスの変化で起こる事ですから、仕方ありません。

でも一度できるとなかなか消せないため、それをなんとかしたいと考える女性は多いです。そんな女性のために、妊娠線を予防する方法や目立たなくする方法を紹介します。