対処法について

妊娠線は妊婦の7割が経験していると言われています。残りの3割は全くできないか、できてもあまり目立たず本数が少ない人です。これは個人差が大きいので、人により妊娠線事情は変わってきます。

妊娠線はお腹やお尻、太ももや乳房などいろいろなところに出ます。普段は洋服を着ているから人に見られる事はありませんが、中には出産後も妊娠線がハッキリ目立ってしまう人がいます。妊娠した証でも、見た目がよろしくないので、コンプレックスになってしまいます。

お腹やお尻だけならまだなんとか隠せますが、人によっては太ももからふくらはぎにかけて大きく目立つ妊娠線が出る事もあります。出産後体型が戻るにつれて、妊娠線も目立たなくなっていきますが、残念ながら真皮や皮下組織の亀裂でできる線は、完全に消す事が難しくなってしまいます。

妊娠線を予防するクリームや下着を活用して予防する事はできますが、皮膚が伸びる事が原因ですから、必要以上に太らないようにする事も大切です。妊娠中は誰でも体重が増えますし、体のサイズも大きくなります。しかし許容範囲を超えてしまうと、体も全体が大きくなり、妊娠線ができやすい状態を作ってしまいます。

妊娠中のダイエットは必要ありませんが、無駄に太らないようにする事も意識しておくといいかもしれません。肌が弱い人は妊娠線ができやすいと言われています。

妊娠線はいつからできるか

妊娠線が出始めるのも個人差がありますが、だいたい5ヶ月から7ヶ月頃の、お腹が大きくなってくる頃から出始めます。人によってはほとんどできない人もいますし、数十本もできる人もいます。

ホルモンバランスの変化が原因となり肌が乾燥するため、出来やすくなる事が分かっています。乾燥が原因なら、肌の保湿を重視すれば、乾燥を防げるので妊娠線ができても目立ちにくくなります。

妊娠線を防ぐために保湿クリームやローションを塗るのも効果的です。ただしできてから慌ててケアするよりも、妊娠したらすぐ保湿ケアを始めておく方が安心です。常に保湿が出来ていれば、コルチコステロイドの分泌が増えても、肌の乾燥を防げるから、妊娠線も目立ちにくくなります。

妊娠線予防のための専用クリームもありますし、専用のクリームなら妊娠中でも安心して使えるよう成分にもこだわっているから安心して続けられます。クリームを塗る時はマッサージにもなるので、リラックス気分を高めるなどメリットもあります。また、妊娠線の治療を行っている美容クリニックなどでは自宅でのケア方法をアドバイスしていることもあります。専門知識を持つ人に相談をしてみるのもいいかもしれません。

妊娠線予防のために、サポート下着を着用するのもおすすめです。無理に締め付けるのはおすすめできませんが、マタニティ用ガードルを使ってお腹を支える事で、皮膚が急激に伸びるのを防ぐ効果が期待できます。腹帯は冷えから守る事ができるので、下着をうまく活用しましょう。

妊娠線とは?

妊娠するとお腹が大きくなるにつれて「妊娠線」が目立ってきます。個人差もありますが、お腹が大きくなると、皮膚の表面はある程度伸びていけるのですが、皮膚の奥にある真皮や皮下組織は急激な変化に対応できません。この事から、亀裂が生じ妊娠線が目立つようになるのです。線状斑とも言います。

妊娠線はお腹だけでなく、太ももやお尻、乳房、など数箇所に出ます。これも個人差ですが真皮や皮下組織に亀裂が生じ、その時に赤紫色になるので、最初は赤紫色をしています。しかし時間が経つにつれて炎症は収まるので、赤みは消え白っぽい線になっていきます。

妊娠してお腹が大きくなっても、ほとんど妊娠線ができない人もいますし、体中に出てしまう人もいます。出産してお腹が小さくなり、体もサイズも元に戻るに連れて妊娠線は目立たなくなっていきますが、完全に消すのが難しいと言われています。

これは妊娠中のホルモンバランスの変化も関係しています。妊娠中はコルチコステロイドというホルモンが増えるので、肌が乾燥しやすい状態です。乾燥すると肌の弾力やハリは低下しますが、お腹や体は大きくなっていくので、亀裂が起こりやすくなるのです。妊娠中は肌が乾燥しやすくなりますが、これはホルモンバランスの変化で起こる事ですから、仕方ありません。

でも一度できるとなかなか消せないため、それをなんとかしたいと考える女性は多いです。そんな女性のために、妊娠線を予防する方法や目立たなくする方法を紹介します。